色から選ぶ オーダーシャツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

採寸の
ご予約は
[東京・横浜ショップ] 050- 5807- 3822
[大阪ショップ]    050- 5807- 3294
ご予約フォーム

オーダーシャツ ヒルズメンズ倶楽部TOP > お役立ちコンテンツ > オーダーシャツ選びの方法 色から選ぶ

オーダーシャツ選びの方法

色から選ぶ

お仕立てシャツは様々な色や柄から好みに合った生地を選ぶことができます。シャツはその人の個性やファッションセンスを表現出来る部分であり、着ている服の色のイメージで、その人の印象はずいぶんと変わってくるものです。ビジネス、プライベート、慶事、弔辞など…着用するシーンに合わせてそれにふさわしい色・柄・形・素材のシャツを選ぶのが大人のマナーの第一歩となります。それぞれのシーンによってふさわしい色や、色がもたらす印象をご紹介しましょう。自分はどういった印象を相手に与えたいか、思い巡らせながらお仕立てするのも、お仕立てシャツの楽しみ方のひとつではないでしょうか。あなたならどんな色のシャツをお仕立てしますか?

シーンで選ぶシャツの色

シャツ生地を織る糸には、≪単糸≫と≪双糸≫の2種類があります。

■ビジネスシーン

ビジネスにおいては、清潔感がありどんなシーンにも対応可能な「白」が定番的な基本色になります。その他、ブルー系、イエロー系、ピンク系、ベージュ系のようなパステル調の無地が見た目にも爽やかで、どんなスーツにも合わせやすくて便利です。 柄物の場合は白地に目立たないタイプの薄いストライプを選びましょう。どんなスーツにもコーディネートしやすく不快感を与えません。濃い色のシャツや、派手な柄物は好みが分かれますので、ビジネスシーンでは避けた方が無難です。 スーツ1着に対し、白、色無地、ストライプと3パターン用意しておけば着こなしの幅が広がります。

■フォーマルシーン

フォーマルの場ではなんといっても白が基本色になります。白無地シャツであれば慶事・弔事ともに対応可能です。ただし、弔辞では変わり織や光沢のある素材、光るボタンなどは避けましょう。ベーシックな白シャツに限ります。ダブルカフスが基本ですがシングルカフスでもかまいません。

■カジュアルシーン

色柄物もカジュアルシーンなら個性を引き出してくれる貴重なアイテムになります。明るい色味のチェック柄(タータンチェック、タッタソール、ウィンドウペーン)や、コントラストのハッキリしたグラデーションストライプ、複数の色味を組み合わせた鮮やかなマルチストライプもおすすすめです。あえて柄が大きく目立つ色合いにチャレンジできるのもカジュアルシーンならでは。ワンランク上の大人のおしゃれを演出してくれます。

シャツの色がもたらす印象・特徴

■ホワイト系 ~清潔で、さわやかな印象を与えたい時に~

相手も自分も明るい気分になることが出来、どんな洋服にも合わせやすく、好き嫌いが少ない非常に使い勝手の良い色です。特に白無地シャツはビジネスでもプライベートにおいても欠かすことの出来ない定番的な基本アイテムとなります。一口に「白」といっても生地によって印象が変わり、例えばブルー系のキリッとした白や、クリーム系のやわらかい白等があります。白いシャツを選ぶ際には素材の品質がストレートに出てしまうので、上質な素材のシャツを選ぶように注意しましょう。

■グレー系 ~静かで、落ち着いた、控え目な印象を与えたい時に~

白と同様に自己主張しない協調性が高い色なので、どんな洋服・色ともマッチしやすく非常に利用範囲が広くなります。色味はシルバーグレー、ライトグレー黒に近いチャコールグレーまであり、その印象は様々です。ビジネスシーンなら無地のライトグレーをダークスーツに合わせるのが最もしっくりくるのではないでしょうか。カジュアルならグレー系ストライプやチェック等も豊富です。

■ブラック系 ~毅然とした、クールでカッコ良い印象を与えたい時に~

ビジネスシーンというよりもアフターファイブのプライベートタイム、結婚式の二次会やパーティーなどの華やかな場面で、モノトーンのコーディネートに欠かすことの出来ないアイテムです。特に黒シャツは高級感を感じさせ、ブラックスーツとは相性抜群です。黒無地を基本として、白地に黒のストライプや、光の角度によって影の縞が浮き立つシャドーストライプも人気があります。

■パープル系 ~優雅で神秘的、高貴なイメージを与えたい時に~

エレガンスで落ち着いた、円熟した大人の雰囲気でコーディネイトしたいときに適しています。色味はディープパープル、ライトパープル、赤紫のワイン系、青紫系、ラベンダーまで幅広く、その印象は様々です。薄めのパープルならビジネスシーンでも着こなししやすく、上品で洗練された印象をアピールできます。柄物ではストライプや和の雰囲気を感じさせる刺し子も粋でおしゃれです。

■ブルー系 ~信頼感のある、知的で冷静な印象を与えたい時に~

白シャツの次にシャツを揃えるなら、2着目は必ずと言っていい程ブルーを選ぶと言うほど、どんな色のアイテムともコーディネートしやすく着回しの効くカラーです。特にライトプルーは清潔感があふれ、ビジネスシーンには欠かせません。明るい色味から紺に近い濃い色目のものまで幅広く、その印象は様々です。柄物ではストライプやチェックなど豊富な種類から選ぶことが出来ます。TPOに合わせた色柄選びをしましょう。

■グリーン系 ~落ち着きのある安心感や、友好的な印象を与えたい時に~

もともとシャツの生地としてはあまり種類がないため、人とは一味違った個性的な印象を作ることが出来ます。しかし、どちらかというとカジュア感が高い色になりますので、スーツとのコーディネートが難しく、ビジネスシーンではあまり適しません。もしチャレンジするならばパステル調の明るめの無地がおすすめです。ギンガムチェックや白との2色ストライプは元気でポップな印象を与えます。

■イエロー・オレンジ系 ~社交的で、元気で気さくな印象を与えたい時に~

緑と同様にシャツの生地としてはあまり種類がないため、人とは一味違ったオリジナリティあふれる印象を作ることが出来ます。初めてチャレンジするなら、複数の色味を使ったコントラストの強い柄物よりも、淡い色味のストライプや無地を選ぶのが無難です。カジュアルシーンならカラフルなマルチストライプが明るく楽しい印象を与えます。

■ピンク・レッド系 ~ピンクは優しい印象を、赤はパワフルな印象を与えたい時に~

ピンクは顔周りを明るく華やかに見せてくれるので、色味のシャツではブルーに次いで選ばれる人気色です。 ダーク系・ベージュ・ブラウンと相性が良く、パステル調の無地、ストライプ、チェックなど、ビジネス・カジュアル共にその種類は豊富です。赤系のシャツはビジネスシーンではあまり見られませんが、カジュアルならギンガムチェックやエンジ系のシャツが根強い人気があります。

■ベージュ・ブラウン系 ~ベージュは穏やかな印象を、ブラウンは堅実な印象を与えたい時に~

ベーシックで無難な色にも関わらず、意外と着こなしが難しくシャツとしては種類が少ないのがこのベージュ・ブラウン系です。無地なら淡い色、柄物なら薄いストライプから選ぶのが無難です。上品さの演出できるブラックスーツやダークスーツに合わせるコーディネートがおすすめです。

スタッフブログ
2017/07/21
オーダーシャツで半袖を作りませんか?
2017/07/14
暑い夏を快適に・・・
2017/07/07
ヒルズメンズ倶楽部のオーダーシャツ
2017/06/30
今年の夏はオーダーシャツで快適に
2017/06/23
カリビアンコットン★

お役立ちコンテンツ

店舗情報

【ヒルズメンズ東京】

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-4-20
MTエステートビル4F
[TEL] 050- 5807- 3822

【ヒルズメンズ大阪】

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目1-3
大阪駅前第3ビル2F
[TEL] 050- 5807- 3294

【ヒルズメンズ横浜】

〒231-0045
横浜市中区伊勢佐木町5-127
[TEL] 050- 5807- 3822

[営業時間]
11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日]
東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

このページのトップへ